Read Article

「達成できてしまったらそれは単なる目標」チェアウォーカー長屋宏和さんの「見果てぬ夢」とは

「達成できてしまったらそれは単なる目標」チェアウォーカー長屋宏和さんの「見果てぬ夢」とは

14歳でレーシングカートを始め、F1ワールドチャンピオンを目指して、着実にステップアップを遂げていたレーシングドライバーの長屋宏和さんは、全日本F3選手権に参戦していた2002年、ゲストドライバーとして参戦したF1世界選手権日本グランプリの前座レース、「フォーミュラ・ドリーム」で大クラッシュ。頸髄を損傷したことにより四肢麻痺となり、チェアウォーカーとしての生活を余儀なくされた。しかし、持ち前…





URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top