Read Article

ライダー&ドライバーに聞いてみた、世界を経験したから分かる事




ライダー&ドライバーに聞いてみた、世界を経験したから分かる事 | Motorz(モーターズ)- クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア –

日本でのモータースポーツは根強い人気はあるものの、なかなか全盛期ほどの盛り上がりは見られません。しかし、いまだ高い人気を誇り、モータースポーツ人気が衰える事を知らないヨーロッパ。モータースポーツはエキサイティングで、見る人の心を感動の世界に連れて行ってくれる。その内容は同じはずなのに、いったいどこが違うのでしょうか?世界を転戦した経験を持つ、2人のレーサーに海外でのレースを経験して感じた事を聞いてみました。 世界を経験したライダーとドライバー 今回、国内と海外のレースの違いについて話を聞かせてもらったのは、今季ロードレース選手権(MotoGP)moto3クラスにステップアップを果たした小椋 藍選手と、2011年世界ツーリングカー選手権(WTCC)にフル参戦した経歴を持つ、現役S耐ドライバーYUKE TANIGUCHI選手の2人。 共に世界を経験した、レーシングライダーとドライバーです。 小椋 藍 プロフィール Second victory of this year Last round more pic.twitter.com/UdR7URfIdl – Ai Ogura 小椋 藍 (@AiOgura79) 2017年9月9日 名前:小椋 藍 (Ai Ogura) チーム名:Honda Team Asia Bike: Honda 出身地:東京都 生年月日:26/Jan/2001 体重: 56 kg 身長: 168 cm 2016年 アジア・タレント・カップ 総合2位 2018年 Moto3ジュニア選手権 ランキング5位 ロードレース世界選手権 Moto3 スポット参戦 2019年 ロードレース世界選手権Moto3 参戦中 小椋藍公式Twitter: YUKE TANIGUCHI プロフィール 名前:谷口 行規 (JAF登録ドライバー名 YUKE TANIGUCHI) 出身地:広島県 生年月日:27/Sep/1968 株式会社ユークス代表取締役社長 東京バーチャルサーキット代表 2005年スーパー耐久ST3クラスチャンピオン 2008年世界選手権WTCCスポット参戦(イタリア・日本) 2010年WTCC岡山レース1クラス優勝[インディペンデントクラス] 2011年WTCCフル参戦





URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top