そしてバルブヘッド

そしてバルブヘッド

クランクケースの次は、バルブヘッド。 バルブヘッド:吸排気バルブの燃焼室側にリフトをとり、吸排気通路を開閉する傘の部分。この部分をきのこ弁(マッシュルームバルブ)の傘部とも称する。2バルブや4バルブエンジンにおいては、吸気バルブヘッド径が吸排気側より大きく設定される。3バルブや5バルブでは吸気弁の数が多く、排気バルブ径...

そしてクランクケースに入れる。

そしてクランクケースに入れる。

クランクシャフトができたところで、それをクランクケースに入れる作業。 クランクケース( crankcase):レシプロエンジンを構成する構造の一つで、クランクシャフトが納められる箱状の部位である。 クランクケースの主な機能はクランクシャフトの軸受構造を保持し、異物などによりエンジンの動作が妨げられることを防ぐことである...

続きましてはクランクシャフト

続きましてはクランクシャフト

ピストンの次はクランクシャフト(≧▽≦) クランクシャフトって知ってる???   クランクシャフト (crankshaft):エンジンの構成部品の一つで、ピストンの往復運動を回転力に変えるための軸。 らしい。 エンジンの中でピストンをぐるぐる回してるアレ!!!ですね。 それでは制作スタート( *´艸`) うち...

Return Top