Read Article

全日本ライダーに聞いた岡山国際サーキットの得意なところ、苦手なところ

トップライダーだって怖いんです!岡山国際サーキットの得意なところ・苦手なところを聞いてみた

台風の直撃で、決勝レースが中止となってしまった全日本ロードレース選手権Rd.8。レースの結果は、予選順位によるハーフポイント付与となりました。という事で!決勝レースは行われなかったけど、もちろん聞いてきました『ライダー達の得意なポイントと苦手なポイント』。日本の最高峰レースを走るライダー達にだって、恐怖を感じるコーナーもあるんです。 ©ChikaSakikawa まずはJ-GP2クラス ♯7 石塚 健 選手(will-raise racing RS-ITOH)に聞いてみた。岡山の得意なところ・苦手なところ【予選:2位 1’40’462】 ©ChikaSakikawa 得意(青〇): ①進入でどこまでも行ける気がする。 ②ブレーキングからの向き変えが得意 苦手(赤〇): ①バイクを寝かすタイミングが難しい。 岡山は全体的にアップダウンが激しく、ブレーキングのテクニックが必要なコースだと教えてくれた石塚選手。 バイクを寝かすタイミングが難しいコーナーなど苦手なポイントはあるものの、予選ではかなりアグレッシブな走りで2番手タイムを叩き出す速さを見せてくれました。 #71 三原 壮紫選手 (TONE RT SYNCEDGE4413)に聞いてみた。岡山の得意なところ・苦手なところ【予選:7位 1’41’205】 ©ChikaSakikawa 得意(青〇):比較的得意です。 苦手:アッドウッドコーナー以外のコーナーはどのコーナーも難しいので苦手です。 岡山はストップ&ゴーだけど、コーナリングスピードを落とさずに走るサーキットだと教えてくれた三原選手。 コーナーはほとんど苦手という事でしたが、それでも予選ではタイムを更新し続けて堂々の7位!難しいコンディションでの、攻めた走りを見せてくれました。 ♯31 豊島 怜 選手(DOG FIGHT RACING・YAMAHA)に聞いてみた。岡山の得意なところ・苦手なところ【予選:19位 1’43’865】 ©ChikaSakikawa 得意(青〇):上手くスピードを乗せられる。 苦手(赤〇):毎回上手く決まらない。




URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top