Read Article

全日本ロードレース選手権Rd.4@SUGO 決勝レポート

転倒続出!極寒の菅生で魔物を味方に付けたのは誰だ!?全日本ロードレース選手権Rd.4【2018】

2018年6月16・17日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催された全日本ロードレース選手権Rd.4。各クラス5~6台が転倒するという荒れたレース展開の中、Motorz注目のライダー達はどんな戦いを見せたのでしょうか。また、気になる日本のトップライダー達の得意なポイントと苦手なポイント!菅生サーキットでも聞いてみました。 ©ChikaSakikawa まずは、J-GP3クラス決勝 ©ChikaSakikawa 心配されていた天候もギリギリ持ち、ドライコンディションでスタートしたGP-3クラス。 スタートを決め、ホールショットを奪ったのは#30 太田虎之進(MJ-FACTORY)。 その後を、#36 福嶋佑斗 (TEAM PLUSONE)、#16 高杉奈緒子(41 Planning)、#15 岡崎静夏 (Kohara Racing Team)、#71 小室旭 (Team P.MU 7C MIKUNI )と続きます。 しかし、その直後の3コーナーで小室がハイサイドを起こし転倒。 それに巻き込まれる形で、#4 中島元気 (TEAM SRS-Moto)がコースアウトするなど、序盤から波乱の展開に。 そして福嶋を先頭にオープニングラップは終了し、2周目中盤には岡崎、福嶋、#46 山中琉聖 (テルル・ヤマナカコウギョウRT)、高杉、岡谷、#3 古市右京 (KTM.ASPIRATION Racing) 、#13 長谷川聖 (CLUB Y’s&J)、#41 宇井陽一 (41Planning)の8台でトップグループを形成。 先頭を入れ替えながら、抜きつ抜かれつの激しいバトルを繰り広げ、岡崎と高杉が接触。 そのダメージにより、高杉のマシンからオイル漏れが発生するも、レースはそのまま続行。 オイルにより福嶋が転倒する5周目まで赤旗が掲示されないという、危険な展開となりました。 その後、4周目終了時点までをレース1とし、13周のレース2 がスタートするも、路面温度が低いせいか転倒が続き、参加台数22台のうち完走台数15台というサバイバルレースを制したのは、全日本デビュー戦に続き2連勝となる岡谷でした。




URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top