Read Article

全日本ロードレース選手権 開幕戦決勝レポート!

全日本ロードレース選手権が開幕!シリーズ初戦のライダー達の結末は!?【2018】

2018年4月8日、栃木県にあるツインリンクもてぎで全日本ロードレースの開幕戦が開催されました!ドライ、ウェットと天候に翻弄された厳しいレースWEEKを経て挑んだ決勝レースの結末は、どのようなものだったのでしょうか?Motorz注目の6選手にもてぎ攻略のコツをインタビューしてきました! ©ChikaSakikawa まずは、J-GP3クラス決勝 ©ChikaSakikawa 天候は晴れ時々微量の小雨が降る14.6度という少し肌寒い中、ドライコンディションで行われたJ-GP3クラスの決勝レース。 周回数20周という長丁場のレースで好スタートを決め、ホールショットを奪ったのは4番グリッドスタートの#61 岡谷 雄太(MORIWAKI CLUB)でした。 そのままトップを守り切る勢いで2コーナーに飛び込んだ岡谷でしたが、立ち上がりではらんでしまい、♯4 中島 元気(TEAM SRS-Moto)に交わされてしまいます。 そして後方から迫ってきた#3 古市 右京(KTM ASPIRATION RACING)にも交わされ、オープニングラップを制したのは古市!続いて、中島、岡谷の順でコントロールラインを通過しました。 レース序盤、1度は5番手まで順位を落とした岡谷でしたが、6周目にはJ-GP3クラストップ争い常連の中島、古市、#71 小室 旭(Team P.MU 7C MIKUNI)、#36 福嶋 佑斗(Team Plusone)を抑えて一気にトップに浮上! そこにポールポジションスタートの#93 菅原 陸(RG NIWA with DOGFISH RACING)を加えた、6台での激しいバトルを最終ラップの最後の最後まで繰り広げ、抜きつ抜かれつの接戦の末、1位でチェッカーを受けたのは岡谷! 全日本デビュー戦を見事、優勝で飾る快挙を成し遂げました。 Motorz注目の♯13長谷川聖 選手(CLUB Y’s & J)の決勝は? ©ChikaSakikawa




URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top