Read Article

横溝直輝選手インタビュー!前編

チャンスを引き付け逃さない!マルチに活躍するレーシングドライバー”横溝直輝” 前編|RacerzLife|

1980年6月27日生れのA型、神奈川県出身の現役レーシングドライバー横溝直輝選手。 3歳の頃にレース好きの両親に連れられて行った富士スピードウェイで、初めて見た時速300km以上で走るマシンのスピードと爆音に圧倒されると同時に感動し、レーシングドライバーになる事が将来の夢となりました。 それは、保育園の卒園アルバムにも「レーサーになる!」と書いた程、強い想いだったそうです。 その後9歳からカートに乗り始め、13歳でカートレースデビュー! 初めて参戦した大井松田SLシリーズSCストッククラスでチャンピオンを獲得します。 1995年からは、地方カート選手権FR-2クラスにフル参戦を開始し、翌1996年には全日本カート選手権にステップアップ。 着々とキャリアを積み上げていきました。 そして1999年遂にフォーミュラ・トヨタで4輪レースデビューし、2001年にはシリーズチャンピオンに輝きます。 プロフィールの経歴だけ見ると、最初から順風満帆かに見える横溝選手のレーシングドライバーとしての道。 しかし、プロのレーシングドライバーとして成功を掴めるのはたった一握りにも満たない厳しい世界なのです。 いったいどんな道のりを経て、現在の場所まで登り詰めて行ったのでしょうか。実際に聞いてきました。 1993年 カートレース デビュー デビュー戦優勝 1994年 SL大井松田カートシリーズSCクラス チャンピオン/ SL全国大会4位 1995年 地方カート選手権 関東西に参戦 1996年 全日本カートFA選手権参戦/鈴鹿カートシリーズ スポット参戦優勝 1998年 全日本カートFSA選手権参戦/ワールドカップイン鈴鹿参戦 1999年 フォーミュラ・トヨタシリーズ スポット参戦 決勝9位 2000年 フォーミュラ・トヨタシリーズ 参戦シリーズ3位(優勝1回) 2002年 トムスより全日本フォーミュラ3選手権に参戦  シリーズ7位 2003年 インギングから全日本フォーミュラ3選手権に参戦 シリーズ5位 マカオグランプリ参戦 2008年 KONDO RACINGから全日本フォーミュラ・ニッポンに参戦 ハセミモータースポーツからGT500クラスでスーパーGT選手権に参戦 第7戦でポールトゥウィンを達成 十勝24時間耐久レースに参戦 クラス優勝達成 2009年 スーパー耐久シリーズ シリーズ2位 優勝2回、ポールポジション2回、7戦中5戦で表彰台を獲得 将来のレーシングドライバーを目指す子供たちを応援するため、 子供育成カートチームを始動 2010年 モーラからスーパーGT選手権に参戦 シリーズ6位 第二戦で優勝 二回の表彰台 JAFスプリントカップ GT300クラス 3位 2012年 エンドレスタイサンからSUPER GTシリーズに参戦(シリーズチャンピオン GT300クラス) 2013年 エンドレス剣タイサンからSUPER GTシリーズに参戦 TAISAN KEN ENDLESSからAsian Le Mans Seriesに参戦(シリーズチャンピオン GTEクラス) フィールドモータースポーツからスーパー耐久・ST-Xクラスに参戦 Taiwan TSF Asia All Star Challenge 亞洲全明星挑戰賽 で総合優勝 モータースポーツの世界へ ーーー レーシングドライバーを目指したきっかけは? 両親と幼い頃に富士スピードウェイにレースを観戦しに行ったことがレーシングドライバーを目指したきっかけです。 神奈川県の秦野市に住んでいたので、御殿場までは30〜40分くらいで行ける距離という環境が良かったですね。 初めてサーキットで見たレーシングドライバーがかっこよかった。 それが野球だったりサッカーだったりしたら、もしかしたらそっちを目指してたかもしれないけど、最初に見たスポーツがレースだったので、そこに憧れを抱いたんです。 それが3〜4歳の時で、漠然とレーサーになりたいなと思ってました。 ーーー 幼少時代に描いた「レーサーへの夢」その為にまず何をしましたか? …





URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top