Read Article

トップライダー:青木3兄弟

兄弟全員がトップライダーの「青木3兄弟」を知っていますか?3人がロードレース界のトップを極め、世界で躍進し続けたレーシングライダーたちなのです。

名前: 青木宣篤(Nobuatsu Aoki) 生年月日 :1971年8月31日 出身地 :群馬県北群馬郡子持村(現在の渋川市) 10歳の時に初めてポケバイを始め、ミニバイクレースを経て1988年に ロードレースへ参戦を開始します。 そして翌1989年、史上最年少でロードレースライセンスが国際A級に特別昇格! 全日本ロードレース選手権GP250ccに参戦を開始します。その後、1992年に全日本ロードレース選手権GP250cc ランキング3位を獲得後、 ロードレース世界選手権GP250クラスを経て、1997年、最高峰クラスにステップアップを果たすのです。 1997年にロードレース世界選手権GP500へステップアップを果たし、ランキング3位。ルーキーオブザイヤーを獲得した青木宣篤は翌年、スズキ・グランプリチームに抜擢され、エースライダーとして活躍を見せます。 その後、プロトン→スズキを経て、現在ではMotoGPの解説やスズキMotoGPマシン開発、鈴鹿8耐参戦などを行いながらキッズ向けのバイク教室やミニバイクレースを主催するなど、若い世代へのロードレース認知の為の活動を続けています。 1997年 ロードレース世界選手権 (WGP)500ccクラス (Rheos Elf-ホンダ / NSR500) ランキング 3位 1998年 ロードレース世界選手権 (WGP)500ccクラス (スズキ・グランプリ / RGV500) ランキング 9位 1999年 ロードレース世界選手権 (WGP)500ccクラス (スズキ・グランプリ / RGV500) ランキング 13位 2000年 ロードレース世界選手権 (WGP)500ccクラス (スズキ・グランプリ / RGV500) ランキング 10位 2002年 ロードレース世界選手権

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top