Read Article

レジェンドライダー:ケビン・シュワンツ

WGP初の永久欠番#34を持つレジェンドライダー!”ケビン・シュワンツ”を知っていますか?

名前 :ケビン・シュワンツ(Kevin James Schwantz) 生年月日 : 1964年6月19日 出身地 :アメリカ、テキサス州ヒューストン ヨシムラスズキの契約ライダーとしてAMAスーパーバイク選手権で活躍し、1988年よりスズキのエースとしてロードレース世界選手権500ccクラスにフル参戦。 GP第1戦目の鈴鹿で前年のチャンピオン、ワイン・ガードナーを破っていきなり優勝を手にします。 当初は優勝か転倒リタイアかという極端なライダーで、年間最多勝の6勝をあげながら、6度の転倒によるリタイアによりシリーズランキングは4位に終わるなど、「優勝以外は価値がない」と言わんばかりのアグレッシブすぎる走りに、絶大な人気を誇った”ケビン・シュワンツ” 1990~1992年のWGP500ccクラスチャンピオンであるウェイン・レイニーと、アメリカスーパーバイク選手権時代からのライバルで何度も歴史に残る名勝負を繰り広げ、1993年にロードレース世界選手権500ccクラスのチャンピオンに輝きます。 1988年から1995年までの8シーズンでGP通算25勝を記録し、ニックネームはフライング・テキサン。 1995年に引退を表明するまで、スリリングな走りで圧倒的な存在感を示し続け、88年から94年まで人気No.1レーサーであり続けました。 そして引退後、スーパーバイク時代から長年使用したゼッケン「34」はWGP初の永久欠番となりました。 1984年 AMAスーパーバイク デビュー(カワサキ・GPz750) 1985年 AMAスーパーバイク ランキング7位(スズキ・GSX750E) 1986年 AMAスーパーバイク ランキング7位(スズキ・GSX-R750) 1987年 AMAスーパーバイク ランキング2位(スズキ・GSX-R750) 1988年 デイトナ200マイル優勝(スズキ・GSX-R750) 1986年 ロードレース世界選手権 500㏄クラス ランキング22位 (リズラ・スズキ・RG-Γ500) 1987年 ロードレース世界選手権 500㏄クラス ランキング16位 (ヘロン・スズキ・RGV-Γ500) 1988年 ロードレース世界選手権 500㏄クラス ランキング8位 (ペプシ・スズキ・RGV-Γ500) 1989年 ロードレース世界選手権 500㏄クラス ランキング4位 (ペプシ・スズキ・RGV-Γ500)

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top