Read Article

ピレリカップ

「ダイレクトに世界へ!」を合言葉に 2015 年にスタートしたバイクレースシリーズ「ピレリカップ」を知っていますか?

「ダイレクトに世界へ!」PIRELLI CUP 600 CHALLENGE SERIES 2015!初代チャンピオン國川浩道選手のWSS600挑戦 2015年度にスタートし、初年度は全8戦開催されたピレリカップ。 基本的に、レースはワンデーで行われ、ポイントは、8戦中5戦の有効ポイント制度となっているので、 ライダーが参戦するレースを選べるという比較的、参加しやすいシリーズとなっているレースです。 参加資格は、MFJロードレース国際・国内ライセンス保持者で年齢制限はありません。 車両規則はST600よりも部品の互換性範囲が広いST600Nとなっていて、 タイヤは、勿論ピレリタイヤのワンメイク。 DIABLO SUPERCORSA V2(コンパウンドはSC0・SC1・SC2)、DIABLO RAIN。 各レース1位から3位まで賞金、ポールポジション賞、ベストラップ賞、スターティングマネー、協賛各社からの賞典も用意されています。(全日本レース並の賞金総額!!) そしてシリーズチャンピオンには、2016年のワールドスーパースポーツ1戦にワイルドカード招待されるという夢のような特典も用意されているのです。 國川浩道選手プロフィール ■戦績 2010 世界選手権MOTO2クラススポット参戦 2010 全日本ロードレース選手権ST600クラス 参戦 2011 世界耐久選手権鈴鹿8時間耐久10位 2011 全日本ロードレース選手権ST600クラス ランキング16位 2012 世界耐久選手権鈴鹿8時間耐久8位 2012 全日本ロードレース選手権ST600クラス ランキング16位 2013 世界耐久選手権鈴鹿8時間耐久49位 2013 全日本ロードレース選手権ST600クラス ランキング10位 2014 世界耐久選手権鈴鹿8時間耐久5位 2014 全日本ロードレース選手権ST600クラス ランキング11位 http://ys-distraction.com/8tai.html 2016年は全日本ロードレース選手権への参戦を休止しピレリカップに専念。 全8戦中6勝して、初代チャンピオンの座を獲得し、WSSスポット参戦のシートを手にしました。 2015 WSS600 チャンピオンチームからアラゴンラウンドへ挑戦!! ワールドスーバーバイク併催のワールドスーパースポー ツ (WSS600) へのワイルドカード参戦への招待を手にした國川選手は、 2016年4月1日~3日にスペインのモーターランドアラゴンで開催されたシリーズ第3戦に参戦しました。 参戦チームは昨年のチャンピオンチームであるKawasaki Puccetti Racing。 WSS600は今年からヨーロッパ選手権の600と混走となっています。 國川選手にとっては初めてのコース、初めてのチーム、初めてのWSS600マシンという厳しい環境でしたが、 國川選手の友人である青山博一氏(2009 GP250世界チャンピオン)がアドバイザーとして同行。 青山氏、そして専任メカニックが國川選手につきっきりで各メニューをこなしていきます。 チームオーナーであり監督のマニュエル・プセッティ氏も國川選手へのヒアリング、 アドバイスを欠かさず、万全の体制でレースに挑みます。 金曜日のフリープラクティス1・2、土曜日の予選 ( スーパーポール1・2) と、 國川選手はは確実にタイムを更新していきました。 しかしながら、ブラインドコーナーが多くライダーの慣れがタイムに直結するこのコースでは、 初めての走行となる國川選手は苦戦を強いられる事になります。 決勝は10列目、予選30位からのスタートとなりました。 ポールポジションを獲得したチームメイトのケナン・ソフォグルと予選2番手のランディ ・クルメナヒャーとは4秒近い開きがありました。 「簡単に上位に割り込めるポジションではない。」 それでも國川選手はスタートダッシュに集中し、ひとつでもポジションを挙げてチェッカーを受けることを目指します。 4月3日( 日 …

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top